MUND.com

Little more MUNDY. 気になるあれこれまとめてます

仕事でライティングをする中で気づいたことまとめ

いろいろ書きたいことが溜まってきたのでまとめ。

 

スランプは抗わず受け入れるべし

ライティングのスランプには二種類あると思っていて、

  1. 他のことをしたくて今は書きたくない、でも締切がある場合
  2. ライティングを仕事にする意義を見失った場合

のいずれか。

1はまあたいていは別のことして遊びたいだけなんで無視。

2が問題ですねー。私自身、今週の半ばからこっちのスランプに陥ってしまっていて、「誰も読まんかもしれん記事やのに、なんでこんなに身削る思いしてんねやろ。。」と急に思い初めました。まだ復活できておらず、仕事中もイマイチ筆が進みません。(ブログ書いてるやんという矛盾)

 

しかしここで無理矢理文章をしぼり出してもスランプにはあまり効きません。

ライティング以外のタスク(コーディングか短いキャッチコピーを考えるのが精神的に良い)でしのぐか、自分の文章が誰かにちゃんと読まれている証拠を探してモチベを回復させましょう。自分の携わった文章の掲載された媒体を見返すのもいいですし、誰かに文章を読んでもらって感想をもらいに行くのもモチベ回復に効きます。

「書いても誰にも読まれない」「文章が何の役にも立っていない」という思いを早く封じ込めば、曇り空に日が射してくることでしょう。

 

自分で編集者を演る

文章をフィードバックしてもらう人がいない場合は、自分でやりましょう。

自分で書いた文章を2度、3度、4度と推敲しましょう。

原稿のコピーを持ち歩いて暇があったら読み返して書き込んでいくと、毎回違う視点で推敲できます。

 

一発で書き上げた文章がそのまま通ってしまうことほど悲しいことはありません。

情報まみれのネットにおいて、文章は形になってたら正直どうでもええもんなんやろうけど、私みたいにねちっこく何でも読むユーザーかて実際にいてはるわけです。

 

そういうことを実感しているため、他の人に対してはしっかり推敲をしてお返しします。

素案をいただいた時は、徹底的に読み込んで、何が言いたいか、もっと言いたいことが伝わる文章にできないか練りまくります。

ただ最近は文字を赤で消さず、文字に下線を引いて空白にコメントを入れるようにしています。文字自体に朱を入れると切り傷をつけている気分になりますし、できればその人の選んだ表現を尊重したいんです。

で、「てにをは」だけ変えて読みやすくなればそれでOKですし、もしそれだけではイマイチな場合は、大幅に変えたバージョンと、ちょっと変えたバージョンを一緒にフィードバックします。文章を丸ごとバッサリ切り捨てることはしません。

 

ただ、私自身は文章をバッサリ捨てられても喜んで書き直します。

「せっかく書いてくれたんだからこれでいこう」の配慮は結構です。

「せっかく書いてくれたんだからしっかり対応しよう」のほうが100万倍嬉しいです。

 

小さなことですが、そういうひとつひとつの配慮が他者への気配りにもつながっていくんやなと思います。

 

ジムに通っていきなりステーキでメンテする

最近ジムに入会しました。

先日結構しんどめの登山をしたのがきっかけで、大量の汗を書くことと、筋肉を痛めつけることの面白さ・爽快感を改めて実感して始めました。

ジムでは40分走って30分自転車漕いで全身の筋トレをしています。40kgのおもりをつけて腹筋鍛えたりしてます。

 

あといきなりステーキにも最近初めて行きました。

筋肉もマイレージも欲しいのでしばらく通うことにします。ちなみにタレはわさび醤油が美味でヘルシーです。

 

自分のライティング資産も増やす

ちょうど連休がスタートしたので、仕事外でライティング量をどうすれば増やせるか工夫しようと思っています。

やっぱり書いたものが名無しで会社の資産だけに吸収されていくのは悔しい。

いつ会社が潰れても大丈夫な程度にはスキルアップと稼ぐ力を磨いておきます。 

 

あとぼちぼちブログ記事がたまってきたので、間引きとリライトをします。

 

日々の生活態度がライティングに反映される

ライティングに限らずですが。

きちんと目を見て挨拶・会話する、ちょっとしたことでもきちんと感謝の気持ちを伝える、シャキシャキ歩く…などなど、行動を流さないことが文章にもちゃんと活きてくるんやと実感しております。

とくに午後は毎日といっていいくらい眠気でボヨンとしてしまうのですが、やっぱり文章後半でも話がズレたり力切れになってしまうんです。

午後に気張って話食らいつき続ければ、後半でも手を抜かない文章が書けると思うんです。

筋トレも仕事の最後に気張るパワーをつけたくて始めたのもあるので、今している行動がどこかに繋がっていることを忘れずに過ごしてまいります。

 

せっかちは治らない

ただどうしても変えられないと思ったのが、いらちでございます。

正直心の中で一日何度も「はよせえよ」言うてます。

しかし「はよせえよ私」「んなことでなに時間つこてんねん私」と常にプレッシャーかけて仕事してるので、仕事は進むというメリットもあります。

早くすれば色々なことができるのでそれで良いんですが、正直しんどい時もあるので、せめてスピードがコントロールできるようになりたいです。

ムダに急いで常に汗ブルブルやしなあ。。

 

他にも日々様々な気づきがありますが、とりあえずこれからジム行ってきます。