むんと.com

自分の合理的生活を模索するブログ

入社1年もすれば何か違うことをしようとし始めるはず

f:id:kkotrip:20180403213746j:image

記事15本ノックの1本目が予想以上にしんどくて、久々に記事1本だけで半日潰してしまいました。

毎日のルーティーンにしている読書もコーディングの学習も今日はまだやっていないことが絶望的ですが、やっとちゃんと予定が詰まってきた感があって嬉しくもあります(しっかし筆が滅茶苦茶重たい)。

 

ただ新生活が始まったばかりの方がぎょうさんいてはって、最初は仕事して帰ってきたら疲れて何もできひんみたいな人でも、1年もすれば何か違うことをしようとし始めると思います。

私が新卒のときもそうでした。しばらく帰ったら寝てばっかりでGWも全然起きれんくて、やっと「何かせな」と焦り出したのが6月でした。

そしてアホほど旅行して飲みに行って遊んで…ってのにも飽きて、文章をちょぼちょぼ書き始めたらウケて仕事ぎょうさんいただけるようになって。で、趣味でやっていた写真も買うてもらえたり撮影依頼されたり。

振り返ってみると2年半でこれだけ振れ幅がでかくなったのは驚きです。

 

仕事の時間以外にずっと何もせんと遊んでばっかりというのも、将来もし転職したなったときとか働き方を変えたいときとかにノースキルで何のカードも使えないと困ります。

(▼ヤバいと思う方は市場価値診断で転職できるかチェックしてみましょう)

しかし最初はしんどかったら寝てばっかりでええと思います。「スタートダッシュが肝心」とか言われたかもしれませんが、最初から寝んと無理するのはあきません。軌道に乗ってきてここぞという時だけ無理したらええんです。

 

というのを新生活がスタートした方々を見ていて思いました。

という私もぼちぼちまた2足のわらじが履きたくなってきました。さっさと今日のコーディングのわらじを履いてきます。