むんと.com

活字で生きる道を放浪するブログ

家で旅先のように過ごす(持ち物に関して)

f:id:kkotrip:20180111191249j:plain

家以外の場所にふらりと泊まりに行くのが好きです。

会社の研修所から知り合いや親族の家、ゲストハウス、ラブホ、ユースホステル、民宿、カプセルホテル、ネカフェ…などなど、とりあえず家と違うところで泊まれる場所が好きです。

ラブホは何度か女友達と泊まったこともありますし、一人でも普通にホテルとして利用することもあります。

 

近所のゲストハウスやカプセルホテルにふらりと泊まりに行くのもいいですよ。

近所だから、家から電車で30分足らずで帰れる距離だから泊まらない、という決まりはありません。

ホテル=旅行で使うもの、という認識を取り外すと楽しみの幅が広がります。

 

あと朝に親と揉めてしまいまして。

ぷりぷり怒って勢いにまかせて部屋の荷物をまとめたにもかかわらず、昼ごはんを食べたらあっさり和解してしまって。

家を出るきっかけができてラッキーと思っていたのに!

荷ほどきが面倒でそのままの状態にしてあるのですが、案外これが旅気分で楽しいんです。

旅先ってあんまりあちこちに荷物を広げませんよね。できるだけ一か所に固めて置いておきませんか?

そんな感じで今もまとめて置いています。

トランクにつめたのは2群で、すぐには使わないけどいるもの。

毎日使うものは1群としてパソコン用のかばんに詰めて。

で、ずっと使うわけではないけれどこの後すぐ使うものは棚に出しておきます。

使い終わったらもちろんかばんに戻します。

仕事机はパソコンだけ、あるいはノートとペンだけがよくて、ティッシュ箱ひとつでも置いてあるとめっちゃ嫌なんですけど、これをやると棚の中も仕事でいるものだけ置いてある感じでスッキリしていいんです。櫛とか化粧水とかはパソコンかばんから出さず、棚から排除できるんです。

 

まあそんな変なこだわりはスルーしていただいても構いませんが、家だからって荷物をぶわっと広げておく必要もないのではないでしょーか。

ホテルで家のように過ごす、そして家で旅先のように過ごす

そういう楽しみの幅をもつと、身近にあるものが輝き出す気がします。おためしあれ。

 

(と書いたものの、かばんの奥にしまったものを取り出すのはちょっとめんどい)