むんと.com

文字・旅・音楽リテラシーの高い世界をつくるブログ

ボストン美術館の至宝展@神戸市立博物館に行ってきたよ

f:id:kkotrip:20171125112457j:image

昨日ボストン美術館の至宝展を見に行ってきたので、今回もさっくりまとめておきましょう! 

展覧会まで

前売りをペーパレス・キャッシュレスでゲット

先取り貯金風に、行きたい展覧会や映画のチケットは前売りでゲットするのが常なのですが、今回はQRコード提示だけで入場できるモバイルチケットをゲットしました。

支払いはクレジットにして、スマホひとつで手続きを完了させました。しかもかかった時間は2~3分

これ、まあクレジット会社とかの手間はよくわからんのですが、展覧会スタッフさんにとってはストレスフリーになるでしょう。バーコードピッで終わりですから。チケットやぶるの失敗してクレームになったとかふつうにありそうやし…。

接客業経験者としては、現金の扱いってときに胃が痛くなるくらいわずらわしいのですよ。でもいまだに多いですよね、駅のキオスクとかセブンとかで現金払いしている人。次の電車まで時間のない人がレジ待ちしていたら、その人のストレスまで増やしてますからね。

しかし紙のチケットをかわりにもらえるというのは想定外でしたね。

全然スクショでいいんですけど、コンビニで前売りを買うと絵柄が入っていないチケットが発行されるので、ふつうに紙の前売り買うよりは嬉しいですね!

City's Prideさんでアップ

記事で紹介するくらい楽しみにしていたのですよ~。しかも博物館のアカウントからいいねいただくという…こんな凡人のツイートにいいねしてくれるなんて素敵だ…

 

展覧会内容

外観

f:id:kkotrip:20171125112610j:image

f:id:kkotrip:20171125112633j:image

f:id:kkotrip:20171125112727j:image

f:id:kkotrip:20171125112740j:image

f:id:kkotrip:20171125112737j:image

▼個人的に出口から見えるこの景観が超お気に入り。ステンドグラスの丸窓は2階にあります。

f:id:kkotrip:20171125112823j:image

内観

▼西洋と東洋が融合したパネル!コンセプトも見た目も非常に美しいですね~

f:id:kkotrip:20171125112756j:image

▼涅槃図の撮影用パネル。涅槃図の中の好きなポーズを探して真似してみましょう。お釈迦様を真似する場合は手前のパネルで隠れてまいますので工夫しましょう。

f:id:kkotrip:20171125112808j:image

展覧会感想

ちうことで今回もさっくり箇条書きで感想をまとめておきましょう。

  • ボストンといえばハーバード大でございますね。今回は美術館と大学が共同発掘した古代エジプトの逸品を鑑賞することができます。メロン型ビーズがなんかふつうに美味しそうでした…。オリックス型の壺の神聖なホワイトとフォルムも見どころです。ちなみにエジプト王朝の復習をしておくと理解度がグッと深まります。
  • 中国セクションはなんといっても、陳容先生の九龍図巻がぶっちぎりで良作。酔っ払って描いたとは思えない筆の細かさに驚くことでしょう。ある意味酔拳ですよこれは。
  • 今回のメイン1である日本美術セクションでは、モノクロやVSCOフィルターが好きな人なら気に入るであろう銹絵のうつわでスタート。さらに江戸の名画家の作品をガンガン堪能できちゃいます。とくに与謝蕪村の屏風は非常にほっこりするのでまったりなごみに行きましょう。
  • みんな大好き西洋油絵コーナーでは、日本でもおなじみの画家が多くとくに知識なしでも楽しむことができます。個人的にMilletが静物画を三枚も描いていたことは知らなんだ…orz
  • お気にいりの一枚は、Corotの『ボーヴェ近郊の朝』

    Morning near Beauvais | Museum of Fine Arts, Boston

    クリーム色のやわらかい朝日と深みのある緑が醸し出す、露に濡れた草のような香りがにおってきそうな一枚です(抒情)。好きすぎてポストカード3枚買いました。
  • 蒐集家たちの審美眼やセンスから学べるところは多いです。「なぜこの作品に目をつけたのか?」を考えながら鑑賞すると良いですよー。お子さんと一緒に行く場合は、鑑賞前に「もしこのなかで一枚だけ絵を買ってもらえるならどれがいいか選んできて」と伝えてみましょう。そして最後にその絵のポストカードや複製を買ってあげましょう。
ルイ・イカール―アール・デコの女性たち (小さな美術館)

ルイ・イカール―アール・デコの女性たち (小さな美術館)

 

 

#美術館グルメ

f:id:kkotrip:20171125112856j:image

今回は博物館グルメと呼ぶべきですが、おなじみのグルメ紹介です。

展覧会の合間にちょっとだけ座りたくて入店。品格たっぷりな見た目のカップチーノをいただきました。

f:id:kkotrip:20171125112905j:image

ヨーロッパの空気を渇望したときはここに来ましょう。

 

ボストン美術館の至宝展@神戸市立博物館は、来年2月4日までの開催。

ちなみに神戸市立博物館はこの展覧会終了の翌日から2019年まで工事のために閉館されます。

あの螺旋階段とヨーロピアンなカップチーノはしばらくおあずけになりますから、今のうちにアクセスしておきましょう!!

神戸のあとは名古屋に巡回します。そういや名古屋のボストン美術館もなくなるとか聞いたな…。

boston2017-18.jp

 

そしてInstagramにて文化遺産関係のアカウントを運営しております。

作ったものの長らく方針が定まらず放置していましたが、だいぶ構想がかたまったので投稿本格スタートいたします。

探書や趣味探し、休日ネタの発見などのお役に立てれば幸いでございます~!

www.instagram.com