むんと.com

旅とアートのあるノマドライフを目指すブログ

他人の人生から降りたらライフワークを見つけた話

f:id:kkotrip:20170708204449j:image

(▲サムネ画像つくるのむっちゃ楽しいですね!)

 

退職を決めて早5日目、残りあと114日になろうとしています。

www.kkomund.com

この5日ですでに思考・とる行動・その量が変わりました!決断ってスゲー

とくに「自分でつくる」ということをより強く意識するようになったように思います。

今日はそのお話をしますね。

 

他人の人生から降りた変化

自分のために使う時間が増えた

現在、退職後の健保系と旅行費用を稼ぐためにリミット期間を設けている状況です。

会社には出勤していますが、自分で

「このスキルは今後社外で必要」

「これはその場限りだから不要、できるだけやらない」

選んで仕事をするようになりました。

 

サボっているわけではありませんよ。エネルギーのかけるべきところのメリハリをつけているということです。

ダラダラ残業代稼いでる人や、youtubeを営業車内で見てサボっている外回りの人とは違う。わたしは残業ほぼゼロの内勤です。

 

また、非生産的な悪口・陰口・愚痴・批判に一切関心を示さなくなりました

www.kkomund.com

「また始まった」と思ったら、パタッと耳にふたをして自分のしたい仕事や帰宅後にしたいことを考えるクセをつけました。

今は4ヶ月もないですから、というかもう一生そんなことにかかずらっている暇はないのですよ。

 

結果自分のために使える時間が増えて幸福度も増えたように思います。

 

 

自分で稼ぐ能力を意識するようになった

会社というバックアップはとても強力です。しかしいつ不意に潰れるかわかりません。

また、会社の一員なので自分の働きが会社の成果になります。結果自分の時間をお金に換えることに。

 

いっぽうネットで仕事をすると、自分がパソコンをさわれる限りずっと働くことができます。

自分のしたことは全部自分に返ってきます。自然と仕事のクオリティーを上げようと努力しまくるし、自分の存在を世に示したい気持ちからどんどん発信をします。

 

 

自分にしかできない仕事、オリジナルの価値を生み出せるのは会社ではなくネットだなと。よっしゃやったるで!

www.kkomund.com

 

 

 

会社の評価<<<<<社会に何を与えることができるか

わたしは上司の機嫌取りをしたことがありません。する価値を見出したことがありません。そんなことより何を残して死ねるか、そればかり考えて生きています。

リタイアを決めてからは上司の存在は空気のようですね…。つねにライティングでわたしはどんな価値を提供できるのか考えまくっています。

 

「お客様のために」というのは本当に大事だと思いますが、

会社や上司という狭い世界で「お客様のために」ではなく、社会という広いコミュニティーで「誰かのために」を重視すること。

評価をテイクするのではなく自分にとってのええもんをギブしまくること。

 

そういうことにこそ労力を使いたいとさらに強く思うようになりました。

 

 

 

結果ライフワークを見つけることができました

自分の裁量で生き続けるには、何を仕事にしようか。

 

そう考えた結果、

ライティングにすべての時間とエネルギーをつぎ込む。

これが(現時点での)結論となりました。

 

20代前半で一生かけてやりたいことを強制的に作れたのは幸福なことだと思います。

これも他者や会社に依存するリスクを早い時期から意識できたからですね。

本当にやりたいことを見つけるために、早く他人の人生から降りましょう。

 

 

それでは最後まで読んでくださりありがとうございました。

明日はゲストハウスに泊まりに行くよ~お楽しみに!