むんと.com

旅とアートのあるノマドライフを目指すブログ

マティスとルオー展@ハルカス美術館に行ってきたよ

f:id:kkotrip:20170419210325j:image 

さあやってまいりました、久々の美術展覧会!大阪中央区は朝から晴れておりましたよー!

 

 

本日向かったのは、大阪・あべのハルカス17階にある【ハルカス美術館】さん。

各線の天王寺駅から近鉄百貨店へ向かい、エレベーターを使えばあっという間に着いてしまいます。あ、谷町線の方はちょっと歩くかも。

天王寺はわりと人が少なくて好き。治安もだいぶよくなったと思います。

 

▼16階からの眺め。皆さんゆっくりしてはってええどすなあ~。

ヨーロッパみたいに、こういう風景をあちこちで見たいなあ。そうは言ってもなかなか皆さんハードモードですよね…。

f:id:kkotrip:20170419210346j:image

 

開催中の展覧会は「マティスとルオー」展。

サロメで有名なギュスターヴ・モローのキーパーソンとなる2人。

 「ギュスターヴモロー サロメ」の画像検索結果

(引用:ギュスターヴ・モローの「出現」 | ムッシューPの美の探究

 

▼2人の書簡も生で見れるので、デザインもPar Avion (Air Mail)風。このデザインのレターセットがあったらよかったなあ。

f:id:kkotrip:20170419210827j:image

 

f:id:kkotrip:20170419210842j:image

 

▼記念撮影ブース。

f:id:kkotrip:20170419210812j:image

 

▼前展は関東でありました。


「マティスとルオー展」紹介動画 | Panasonic

 

▼関連動画としてはこちらが面白かったです。安定の新日曜美術館


日美 親愛なる友へ ルオーとマティス 照らしあう2つの星

 

ん~最後まで気遣いあう友情…素敵すぎる。

ラインでショートメールを送るだけでは成り立たないでしょう。せめてここぞというときは、ちゃんと保存したくなるメールを書くように心がけたいですなあ。

 

f:id:kkotrip:20170419215942p:plain

 

 

そう、鑑賞中はフランスに滞在しているときとおなじ雰囲気を感じました。それくらいオシャレでシックな空間。

ハルカス美術館は正直いつ行ってもザワザワしていてあまり好きではないんですが、今回はそれを忘れるくらいいい雰囲気やったと思います。

(スタッフの方々はいつ行っても神対応すぎて接客業の鏡です!)

 

書簡の内容も素敵。

「黒は色である」の定番フレーズも、ルオーが黒をバッキバキに使ってはるからこの展覧会中ではしびれる!

ちなみに額縁もかなりバッキバキのごつめのものが多くてステキでした。

 

あとはブルジョワや娼婦を醜く描いても、裸婦はだいたい綺麗に描いてはりました。裸こそ本質であり哲学である。

 

 

 

そして鑑賞後はカフェチャオプレッソさんへ。

ルオーの『マドレーヌ』を描いたラッテをいただくことができます。

次回の展覧会の計画を練りながら窓際でゆったりと。

f:id:kkotrip:20170419210417j:image

 

f:id:kkotrip:20170419210747j:image

 

▼横を見ればこんな美景。

f:id:kkotrip:20170419210359j:image

 

 

あたたかい友情と旅行がインスピレーションを与える、そんな明日への希望が湧く展覧会でした。

マティスとルオー -友情50年の物語- | あべのハルカス美術館

 

f:id:kkotrip:20170419210311j:image

 

それではかなりざっくりでしたが今回はこのへんで。

最後までお付き合いただきましてありがとうございます。またいらしてくださいませね~

 

 

▼展覧会記事

kkomund.hatenablog.com

kkomund.hatenablog.com

kkomund.hatenablog.com